医者

下肢静脈瘤は治療で治る|生活習慣を見つめなおし未然に防ぐ

心身のバランスを整える

脚

体の問題ではなく心の問題

自律神経失調症とは、現代でうつ病とともに発症の多い症状の一つであり様々な支障をきたします。体には特に問題がないのに、色々な症状が起きますがその多くは心にあるとされています。発症の原因には、ストレスや生活リズムの乱れ、もともとの性格、ホルモンバランス、環境の変化などが考えられます。自律神経失調症の症状は多岐にわたり、頭痛や手足の痺れ、倦怠感など身体的な症状から不安や落ち込み、イライラなどの精神的な症状まで様々あります。治療としては、薬物療法の他にカウンセリング、生活スタイルの見直しなどがあります。自律神経失調症は、一般的な精神疾患よりも症状が軽い傾向にあり治療を適切に行えば完治しやすいと言われています。

悪化しない工夫が必要

自律神経失調症は、症状が比較的軽いため甘く見られがちですが重症化するとうつ病に発展したりそもそも別の病気が原因だったということもあります。そのため、症状が続いたらとりあえず心療内科など通いやすい病院で相談してみることが大切です。症状の目安としては、日常生活に支障が出ているかということとどのくらい続いているのかを判断することが大切でそこまで重症ではないと自分で感じても症状が2週間以上続く場合は受診したほうが良いと言えます。体の病気の場合はすぐに病院を受診して治療を受ける人が多いですが、精神的な病気となるとなかなか病院を受診しないという人が多いです。しかし、早めに受診すればそれだけ苦痛が緩和されて回復しやすくなるので早めの受診は重要なことです。

病気になる原因

下肢静脈瘤にかかる方は日本でも4800万人前後もいるといわれています。また、それらを治療する方法はさまざまです。そもそも、下肢静脈瘤は遺伝で引き起こることがほとんどですが、妊娠中や長時間の立ち仕事などが原因でそういった病気になってしまうのです。見た目に症状がでる以外にも、足に痛みやむくみ、かゆみが続くようなら一度病院で診てもらい治療するといいでしょう。病気になる前に、適度に運動するなどして生活習慣を見つめなおし未然に防ぐといいかもしれません。

安全な眠りを

診察室

睡眠時無呼吸症候群は眠っている間に起きている症状です。ですから一泊の入院検査をすれば何を改善すべきかわかるのです。夜中のいびきや呼吸状態や昼間の睡魔を改善するために必要な事は首周りや喉の脂肪を落とす事です。原因となる肩こりを改善していきましょう。

もっと読む

かかりつけ医として利用

聴診器

城東区には、個人病院の内科クリニックがあり、治療内容をわかりやすく説明して、対応が親切な医師が人気があります。内科では薬で治療する病気を診察していて、風邪や胃腸炎などのほか、頭痛やめまいなどの原因のわからない病気も治療できます。

もっと読む

症状を確実に治すためには

看護師

平野区周辺でいい病院を見つけたい時にはその地域でずっと暮らしている地元の人に相談をすると色々な情報を教えてもらえます。また、病院と一言で言っても大きいものから小さいものまで種類はさまざまです。それぞれに良いところがあるため、それを理解した上でどこにするかを決めると満足のいく結果を得られるでしょう。

もっと読む